大分県 別府市 美容室 JERICHO HAIR 松宮BLOG 『3年目の躍動』

ダメージオフ イルミナカラー 外国人風カラー エアウェーブ 応力緩和 デジタルパーマ クリープパーマ 自然な 縮毛矯正 ストレート カラー ブリーチサプリメント ヘアマキュア 白髪染め パウダーカラー 似合わせヘアカッ ト メンズカット ヘッドスパ DO−S シャンプー トリートメント 取扱店 ジェリコヘアーのブログです。

    大分県別府市石垣西3-37 A-ONEビル1F
             
        0977-24-1850(予約優先制)
  
      定休日毎週月曜日 第3火曜日 

 

        

逃げるは恥だし罪重い〜決着編〜

         

ダラダラ書いて3部作になってしまった

 

 

僕のアンビリーバボな非日常体験

 

 

 

警察さんからの『無理しない程度に追ってくれ』に

 

底抜けに暇だった僕はどこまでも追うことを決心

 

 

 

もう決着の時は近い!

 

 

 

 

 

無理をしない程度を

 

僕の解釈だと『ただひたすら後ろに着いていく』と見なし

 

 

途中2車線になろうとも

 

前に出るわけでもなく

 

後ろにピッタリと。。

 

 

そう!まさに【テール・トゥ・ノーズ】

 f:id:jerichohair:20170712180318j:image

 

知らない方はこちらからどうぞ

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/テール・トゥー・ノーズ

 

 

ひたすらプレッシャーをかけ続け警察が追いつくのを待つ

 

 

 

 

 

湯布院方面に向かって走ってたが

 

 

 

 

ここである角を曲がる

 

 

 

そう、あの辺には『KIJIMA』がある

 

f:id:jerichohair:20170712180435j:image

 

 

 

大分県人ならもちろん知ってる

 

別府市にある遊園地・ホテル・ゴルフ場のある『城島高原パーク』

 

 

 

 

 

クッ!細い道で俺を撒く気だなっ!?

 

 

 

だがよぉ僕もゴルフに来るしよぉ

 

 

城島の道を知らないってわけじゃあないぜ!

 

 

 

 

そこをそっちね!

 

次をこっちね!

 

余裕余裕ぅう!!

 

 

この程度で撒こうなんて甘いぜ!!

 

 

 

 

 

しかしここで相手がある小さなゲートをくぐる

 

 

そこには【関係者専用】と書いてある

 

 

 

ぬっ!?

 

 

 

決して関係者ではないが着いて行かない訳には行かねー!!

 

 

 

ここから初めましての道を行く

 

 

決して広くない道を右に左に奴は行く

 

 

 

奴は関係者なのか!?

 

妙に知った道のように走るじゃねーかよー!

 

 

 

 

僕も縁石に乗り上げながらなんとか着いて行く

 

 

 

 

 

そして僕は目に前の光景に驚く

 

 

ここ園内じゃね!?

 

 

そうまさにその時ジュピターの下を走ってる

 

f:id:jerichohair:20170712110947j:image

※ジュピター・・・KIJIMAが誇る木製コースター

 

 

 

遊園地内をカーチェイス🚙💨🚗💨

 

 

 

まさに海外ドラマ

 

 

さながら僕はジャックバウワー

 

 

リアルタイムで追跡中ww

 

 

 

 

 

 

そして城島内をウロウロして

 

また湯布院方面へ車を進める

 

 

 

 

 この時も警察とは電話がずっと繋がっている

 

 

 

『城島を出てまた湯布院方面に向かってます』

 

 

「ラジャー!」(言ってない)

 

 

 

『あっ!ウインカーだして曲がりました!細い脇道に入って行きました!』

 

 

 

そう、湯布院から塚原方面へ進路を変えたのだ

 

 

 

 

こちらの道は両脇森の山道

 

 

人っ気どころか街灯すらもない漆黒の闇夜

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

ウインカー?

 

 

 

逃げたい、撒きたいはずなのに?

 

 

 

わざわざ進む方を教えてくれる?

 

 

 

 

f:id:jerichohair:20170712123921j:image

 

殺す気なのか!?

 

 

人気のない山道に誘い込んで

 

しつこく追ってくる僕を

 

 

もう殺すしかないってことなのか!?

 

 

前回のブログで書いた

 

④指名手配犯

 

 

まさか、、、

 

 

 

f:id:jerichohair:20170712124000j:image

 

 

 

どうする?

 

 

追うか?

 

 

諦めるか?

 

 

 

 

ここで追うのをやめたら命はとられないだろう

 

 

僕は明日からも平穏に過ごせる。。

 

 

もうこれ以上の危険は侵さな、、、

 

 

 

f:id:jerichohair:20170712123252p:image

 

 

 

 

行ってやラァーー! 

 

 

誘われるように暗い山道へハンドルを切る

 

 

 

もちろん警察へも報告

 

 

 

それと同時に電話が途切れる

 

 

 

リダイヤルしても上手く繋がらない

 

 

 

山過ぎて電波が弱いのだ

 

 

 

 

 『頼みの綱の警察がぁ。。』

 

 

 

 

こうなったら頼れるのは自分しかいない

 

 

 

そしてある覚悟を決める

 

 

 

もしかしたら今日死ぬか殺すかするかもしれない 

 

 

 f:id:jerichohair:20170712125328j:image

 

 

大袈裟ではなく

 

 

殺されるくらいならと本気で思った

 

 

 

 

もしもに備えて運転しながら

 

 

左手の届く範囲で武器を探す

 

 

とにかく硬いもの

 

 

 

 

クソっ!届く範囲の硬い物が

 

 

『アルミの名刺入れ(無印)』しかねぇww

 

 

 

このアルミの角でカンカンカンカンと奴の頭をっ

 

 

 

いや、確実にヤられる

 

 

 

 

こうしてる間にもドンドン山深く進んでいく

 

 

 

すると警察から着信が

 

 

 

「今どこですか?」

 

 

 

『どこかは分かりません!ドンドン深くに来ています』 

 

 

 

何か目印といってもまわりは森

 

 

 

 「もう近くには来てると思うのですがサイレン聞こえませんか?」

 

 

早速窓を開けるやいなや

 

 

キュリキュリキュリキュリキュリキュリ・・

 

 

なんだこの音は!?

 

 

 

久々パトカーのサイレン聞いてなかったから

 

音のモデルチェンジしたのだろu

 

 

 

 

絶対違う!

 

 

これは、この音は

 

 

 

逃げる前の車、パンクしてやがる!?

 

 

そういえばさっきから車がフラついてる気がしてた

 

 

 

ぶつかった衝撃でパンクして

 

 

逃げてるうちに空気が抜けていったのだろう

 

 

 

これはもう時間の問題じゃないか!

 

 

 

 

またここで警察との電話が途切れる

 

 

『クソ!またかよ!?』

 

 

 

そしたら前の車が更に細い脇道へ入ってしまった

 

 

 

しまった!

 

 

警察に伝える術はないし

 

 

とにかく追うしかない

 

 

硬いアルミの名刺入れをギュッと握りしめる

 

 

 

 

 

 

その時である

 

 

道の反対側から赤々とランプを光らせた

 

 

1台のパトカーが来たのだ!

 

 

 

 

おーー!なぜこの道からー??

 

 

まぁいい結果オーライだ✨

 

 

 

 

キュリキュリキュリ・キュリ・・キュ・・・リ・・・・キュ

 

 

 

前からは近づくパトカー

 

 

後ろは僕が通せんぼ

 

 

 

とうやく観念した奴の車が止まった。。

 

 

 

 

 

終わった!!

 

 

 

 

 

そう感じたと同時に理由は分からないが

 

 

僕は豪快にクラクションを鳴らしたww

 

 

 

プァーーーァァァーーーーー!!!

 

 

 

塚原の闇夜に僕のクラクションが鳴り響く

 

 

 

勝利のファンファーレww

 

 

 

 

パトカーから数名の警官が飛び出し

 

 

 

奴を引きずりだす

 

 

 

初めて見る現行犯逮捕の瞬間

f:id:jerichohair:20170712171806j:image

※ 人が写ってる写真は控えさせて頂きます

 

 

『・・・警察24時じゃん』

 

 

 

 

1時間ほど続いたカーチェイス

 

 

 

結果は僕の完全勝利ではないだろうか

 

 

 

 

殺されも殺しもせずに済んだ事に胸を撫で下ろし

 

 

 

妻に事の顛末と無事を報告

 

 

 

 

 

妻『そんな事よりBIGBANのTOPが自殺未遂だってー!どうしよー?』

 

 

僕「・・・」

 

 

 

電話を切り新たな覚悟が生まれる

 

 

 

 

今日人を殺すかもしれない