読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分県 別府市 美容室 JERICHO HAIR BLOG  『初期衝動期』

ダメージオフ イルミナカラー 外国人風カラー エアウェーブ 応力緩和 デジタルパーマ クリープパーマ 自然な 縮毛矯正 ストレート カラー ブリーチサプリメント ヘアマキュア 白髪染め パウダーカラー 似合わせヘアカッ ト メンズカット ヘッドスパ DO−S シャンプー トリートメント 取扱店 ジェリコヘアーのブログです。

    大分県別府市石垣西3-37 A-ONEビル1F
             
        0977-24-1850(予約優先制)
  
      定休日毎週月曜日 第3火曜日 

 

        

猫と僕のブギー

         

何か幸福を1つ手に入れれば

 

 

 

 

 

それなりの何かを失う

 

 

 

 

 

人の持てる幸せには上限があり

 

 

 

 

 

その人の幸福度は一定に保たれている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな話を昔誰かから聞いたことがある

 

 

 

 

 

 

何かを得るには

 

 

 

それなりの代償を払うのは世の常なんだと思う

 

 

 

 

 

 

僕も今月で36歳いい大人です

 

 

 

自分のお店を持つこともでき

 

 

素晴らしい従業員にも恵まれて

 

 

ようやく安定した生活を送れています

 

 

 

 

 

その代償なのか義務や責務も増え

 

 

考え事をする時間も多くなり

 

 

休みの日も大体仕事に関する事をしています

 

 

 

 

 

もちろん苦なんかではなく

 

 

 

経営をする者として当然の務めだと思っております

 

 

 

 

 

でも最近『癒し』を求めているのも事実

 

 

 

 

身体はマッサージや整体、温泉に行けば癒されるが

 

 

 

精神はそうはいかない

 

 

 

やはり知らぬ間に心も疲弊しているのでしょう

 

 

 

 

その証拠にふと気がつくとYouTube

 

 

 

子猫を見ている

 


【ネコ癒し動画】 子ネコにキュンキュンその① ネコ好きのためのGIF動画まとめ

 

 

なんだ!?この殺人的なかわいさわっ‼️

 

 

 

人間の擦れまくった心を

 

 

癒すために開発された生命体『子猫』

 

 

もう首ったけである

 

 

 

 

 

 

少し前までは

 

 

満島ひかり

f:id:jerichohair:20160413132758j:plain

 

桜井日奈子

f:id:jerichohair:20160413132804j:plain

 

 

この僕の心のツインタワーだったが

 

 

 

 

 

 

今は子猫ちゃんである

 

f:id:jerichohair:20160413134136j:plain

 

雑誌まで買ってしまう始末

 

f:id:jerichohair:20160413135347j:plain

 

こうなると『飼いたい』という欲求がでてくる

 

 

 

こんなカワイイのが家にいたら絶対癒される

 

 

 

 

 

 

 

そりゃ満島ひかりが家にいたらそっちの方が癒されるが

 

f:id:jerichohair:20160413134956j:plain

 

悲しいがそんなことは叶わないww

 

 

 

 

 

じゃあ『飼えば』となるのだが

 

 

 

ことはそう簡単ではない

 

 

 

 

 

 

 

話は戻るが、

 

 

何かを得るには何かを失う覚悟が必要なのである

 

f:id:jerichohair:20160413151907j:plain

 

 

 ジョルノ・ジョバーナもそい言っている

 

 

 

 

しかしこの場合僕は猫の癒しの代償に

 

 

 

 

最悪『生命』を失いかねないのである

 

 

 

 

そう僕はまぎれもなく

f:id:jerichohair:20160413140240j:plain

なのである!

 

 

 

 

過去2度ほど猫を飼ってる人の家に数時間滞在して

 

 

 

その2人の家主から同じ事を言われた

 

 

 

 

 

 

 

『今すぐ病院いったほうがいいよ』と(笑)

 

 

 

 

 

 

 

心は癒されながら蝕まれてく肉体

 

 

 

 

抱きしめられながら絞め殺されてるような

 

 

 

撫でながら引き裂かれているような

 

 

 

 

 

 

 

こんなことを思い出した

 

 

 

身寄りのない老人がエミューという

 

ダチョウのような大きな鳥を飼っていて

 

それはそれは大切に家族のように育てていた

 

 

 

 

ある時エミューがいなくなって

 

 

 

おじいさんは必死に探し回った

 

 

 

自分でエサを取ることができないんじゃなかろうか

 

野犬なんかに襲われてはなかろうかと

 

 

 

翌日幸いにもエミューは無事見つかった

 

 

おじいさんは泣いて喜び

 

 

 

もうどこにも行かないようにロープでしっかり結び

 

トラックの荷台に乗せて家まで帰った

 

 

 

家に到着して荷台を見ると

 

エミューが死んでいた

 

 

 

もうどこにもいかないようにと

 

首に結んだロープがキツすぎて窒息

 

 

 

 

愛されながら殺される

 

 

 

 

切ない

 

 

 

 

 

 

僕の場合勝手に愛して勝手に死んでいくんだけども(笑)

 

 

 

 

流石に命の危険を冒してまでは飼えない

 

 

 

 

 

 

 

あ〜あ、満島ひかりアレルギーはないのになぁ。。

 

 

 

 

 

 

 

でもその場合虎のようになった嫁に殺されるかぁ

 

 

 

 

 

 

 

もういたわ、家にネコ科の生き物が(笑)

 

f:id:jerichohair:20160413152533j:plain